ホームページ制作

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「世界中が雨だったら」 市川拓司

世界中が雨だったら

3つの短編が収まっている。これまでの市川拓司の小説はすべて読んできた。今回の作品は3つとも殺人を扱っている。しかし、「いま、会いにゆきます。」や「そのときは彼によろしく」のような読み終えた後に広がるふわふわした倖せの余韻はない。僕の後に残ったのは、虚しさと悲しみ。人には表と裏があるから不思議ではないけれど。市川拓司もこのような世界を持っているのだなと。僕が思い描いていた世界が語られていなくて、ちょっと残伝だったかな。
author:
book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

弘海 -息子が海に還る朝

弘海 -息子が海に還る朝
市川拓司の新作をゲット。
一気に読みふける。
「いま、会いにゆきます。」ほどの感動はないけれど、
市川拓司らしい物語になってた。
決して泣けないけれど、後に残る心の温かさは健在だ。
author:
book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

そのときは彼によろしく

そのときは彼によろしく
<市川拓司の新作「そのときは彼によろしく」今さっき、インターネットで注文した。
レビューによると、「いま、会いにゆきます。」と同様に愛について綴ったお話みたい。
手元に来るのが待ち遠しい。
手元に来て、読みきったらまた感想を書くつもりです。

author:
book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

上司は思いつきでものを言う

上司は思いつきでものを言う
職場では仕事柄、まだまだ女性の方が多いという現状の中、やはり僕の上司も同僚も部下もほとんど女性だったりする。そんな僕はよく上司と衝突を繰り返しているわけなんです。

ある日、休日に本屋へ行くとこの本が一番目立つところに山積みされていたんです。「世界の中心で、愛を叫ぶ」の横にあったりするわけなんです。はい、即行買いました。

読むとその内容は
続きを読む >>
author:
book | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
 
 

いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます
僕の一番好きな本です。涙が溢れて止まりませんでした。哀しいけれど、幸福な二人とその幼子の物語。普通に考えれば、実際には有り得ないお話だけれど、この世界のどこかであってほしい、そう思いたくなるようなお話。僕に「愛すること」と「愛されること」の幸せと切なさと寂しさと哀しさ、そのすべてを教えてくれた。
author:
book | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

哀しいほどに好きと囁く、僕は。

恋愛を中心にしたショートポエム。

© 2004-2009.義【Tomo】
こんな夜更けにバナナかよ 夕風ブレンド (初回限定盤)(DVD付) のだめカンタービレ (16) しるし VOCALIST 2 Back to Bedlam ラフ (6) 幸福ロケット 最終兵器彼女 (2) オリーブの海 DEATH NOTE 1 地域包括支援センターのソーシャルワーク実践 どうすれば福祉のプロになれるか―カベを乗り越え活路を開く仕事術 介護保険MEMO